音を吸収してる!?・・・周波数と好きな曲との関係

お会いできて光栄です^^

初めての方はこちらも読んでくださいね~♪

●このブログの4つの柱

http://lanlanland.hatenablog.com/entry/2017/06/25/195351

●平田絵美のプロフィール

http://profile.hatena.ne.jp/lanlanlando/

●私の障害(ADHD注意欠陥/多動性障害)についてhttp://lanlanland.hatenablog.com/entry/2017/04/13/205309

 

 

 

 

~先日、羽田耕太郎さんの動画を見て思った事があったので記録的にシェアします~

 

www.youtube.com

まず動画はこちら(15:33)

 

<内容>

人は音のエネルギーを吸収し、自分のエネルギーを満たしている

なので疲れてる人(体内に音が足りない人)の前で音叉を鳴らすと、あまり響かない

だけど何度もやっていくうちに、だんだん響くようになってくる

そのうちにその人自身が、響きを出すようになってくる

・・・と言うお話。

 

 

「体が音を吸収する・・・(oдO)???」

 

 

・・・ここで一つの仮説が浮かんだ・・・

 

 

●人は、好きな曲やアーティストの歌声で「無意識的に自分を整えている」んじゃないか?

 

●その好きな曲や歌声は「自分本来の音(周波数)に近い音」で、自分の体に吸収すると自分が「本来の自分(ニュートラルな自分)」に戻り、癒されたり元気になったりするんじゃないか?

 

●たまに「この曲が無性に聴きたい」なんて時があるけど、それは自分を整えるために「自分自身が無意識的に」選んでるんじゃないか?

 

 

と思って実験!

 

オルフェンズの涙ガンダムユニコーンのオープニングになった曲。

 

www.youtube.com

リンクはこちら (5:30)

 

この頃何でかわからないけどこの曲が無性に聴きたい。

仕事の休憩中(疲れている時)に「体に歌声を吸収し全身に廻らすイメージ」をして少し大きめの音で曲を聞いてみた。

 

これがすごく気持ちいい!!!

 

体が歌声に共鳴共振して身体全体が暖かくなって薄い光のベールに包まれているような気がした!

聞いた後温かい力が全員にみなぎるのがわかった!

明らかに疲れが取れてた!!

 

 

「この世の全てのものは周波数で出来ていて、自分も「自分」という特定の周波数がある」と言われている。

(個人的には、体でも脳や腸など部位によって微妙に周波数が違うと思ってる)

 

だから、例えば脳が疲れてる人は、自分の脳に合った周波数の曲を無意識的に聞きたいと感じてしまうんじゃないかな。

 

例えば、疲れてる時に無性に肉が食べたいとか

寒い時に温かいものが食べたいとか

そんなのと同じ感じで。

 

 

「自分を調整する為に体が音を欲しがってる」

ということがあるんじゃないかと思う。

 

 

そう思うと、ますます音の世界に引き込まれていく!!

音って面白い^^!