高校時代 「まっくら森の住人時代」

 

お会いできて光栄です^^

初めての方はこちらも読んでくださいね~♪

●このブログの4つの柱

http://lanlanland.hatenablog.com/entry/2017/06/25/195351

●平田絵美のプロフィール

http://profile.hatena.ne.jp/lanlanlando/

●私の障害(ADHD注意欠陥/多動性障害)についてhttp://lanlanland.hatenablog.com/entry/2017/04/13/205309

 

 

 

 

 

今日は高校時代の話

 

高校は調理学校へ

3年間通うと調理師免許がもらえるところ。

正直高校の生活もあまり記憶がないの^^;

 

やっぱりいじめられてたし、相変わらず勉強はできなかった。

私は両手利きで、包丁は左で使ってたから「危なっかしい」って言われて洗い物係にさせられたし。

ずっと自分に自信がなくて自意識過剰で勉強も運動も何をしても基準値にできることはなかった。

劣等感が服を着て歩いてる感じだった。

 

その頃にもう発達障害だとわかっていたらもう少し違っていたんだろうなぁ。

必要なサポートも受けられたかもしれない、もう少し生きやすかったかもしれない。

なぜ他人より要領が悪いのか、なぜこんなに記憶力が悪いのかが分からなくて、ずっと自分を責めて暮らしていたから。

 

 

 

初めてのバイトはモ○バーガー。

でもスピードについていけないのと、チェックしても見落としてミスが多くて半年で辞めた。

 

 

 

中学3年の時初めて半年ぐらい不登校をした。

家が金銭的にギリギリな生活をしていて(夫婦共働きでばあちゃんの年金もあったはずなのになんでそんなにお金がなかったのか分からないけど)学費が払えなかった。

クラスに馴染めない、勉強もできない、学費も支払えない、行く意味がないと本気で思って休んでいた。

 

これといって家で何もせず寝て起きてゲームしての毎日。

特に引きこもりだったわけでもなく普通に散歩もして外に出歩いてた。

 

 

 

好きだったのは当時流行りだした「インターネット」(20年前の話だからね~)

今は日常だけどまだ一家に一台じゃなくてntt のショールームの「ネットお試しコーナー」でパソコンが置いてあって、そこでインターネットができた。

そこでずっと自殺サイトを見るのが趣味だった。

見てるとなぜかほっとした。

皆傷ついている人ばかりだったから、共感できたのかもしれない。

いや~今思うと暗いわ^^;

 

 そんな私も軽くリア充で、高1から彼氏がいた。

遠距離だったから月1回会いに来てくれたんだけど毎晩電話してて、それが支えで生きてこられたなぁと思う。

そしてその彼氏が、今の旦那さん。

 

 

何だかんだあって高校三年間を何とか生き延び、晴れて社会人になったわけだけど、こんなんで苦労しないわけはない(苦笑)

 

最初の職場は住み込みの保養所。

理由は忘れたけれどもとにかく早く家を出なかった。

でも待っていたのは「四面楚歌」だった。

 

 

・・・っとその話はまた今度

 

 

●ブログの感想はこちら^^https://www.reservestock.jp/inquiry/21913

●メルマガやってます♪
基本ブログのコピーだけど、メルマガだけの追記あり^^
https://www.reservestock.jp/subscribe/71558