病院を卒業しました

こんにちわ、えみです~^^

これからフェイスブックとリンクさせるので、もしかしてはじめて読む方もいらっしゃるかな?

ようこそ!えみの脳内劇場へ(笑)

・・・と、今日は「病院」について書きます


 ~良かったら自己紹介見てみてくださいね~^^
 
自己紹介☆ 
http://profile.hatena.ne.jp/lanlanlando/

発達障害(私の特性など)
http://lanlanland.hatenablog.com/entry/2017/04/13/205309

  




【 今日、病院を卒業しました 】


去年10月から行っている精神科、もう行かないことにしました。

今度詳しく書くけど薬を飲むことに抵抗があって、先生と相談して1ヶ月やめてみた。

それで1ヵ月後(今日)病院に行ってきた。

1ヶ月薬やめてみて、後半には薬を飲んでいた事自体を忘れるくらいになったから、薬を飲まないで生きることにした。


心身を整えたり、生活の工夫をしたり、理解ある環境に身を置いたりして「発達障害の私」のままでも社会でやっていけるようにする。
そう決めたの。

先生はよく話を聞いてくださる方で、私のことをよく理解してくださった。
忘れないうちにメモしとこうっと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



~先生からの金言(保存用)~

発達障害は、えみさんの「個性」であり「私」である重要なところです
よく「人並み」っていうけど「何でも人並み」にできるひとは少ないと思いますよ
30年前、5年前でも解ってもらえなかったと思います。えみさんは時代に恵まれましたね
感謝を忘れず、自分のできることで恩返しをしましょう
ギブアンドテイクで、感謝しあえる関係を作りましょう。


・・・先生ありがたいお言葉です(泣)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




障害者手帳の更新があるから来年秋には行くけど、それまで行かない。


・・・だた「最善と思われる医療的処置を拒否する」という事は「生活に支障が出る状況に、意図的に身を置く」ということ。
責められて当然な選択だと思う。
「ベストを尽くさない」ことに後ろめたさはある。


でも私は薬を飲んで何も考えられなくなる事や、個性が消えてしまうのが怖かった。


薬で脳をコントロールせず「そのままの私として考え、生きる」ことにはリスクがあるけれど、決して後悔しない生き方。

今は、これでいい。


(断薬を勧めている訳ではなく、あくまで個人の意見です。薬を飲む事に少し抵抗を感じるときは、主治医に素直に相談してみましょう^^)

f:id:lanlanlando:20170417214209j:plain